(ルクセンブルク)
 BSC(ブラスサウンドクリエーション)
   HOME 
BSCホーム アーティスト 取扱い店 ギャラリー スプリング・オイル
<試奏レポート・記事>
BRASSTribe Vol.29(2013年10月発売:肝゙ラストライブ)この夏久しぶりに一時帰国したKATO氏が、小学校の吹奏楽部を相手に講演を実施。30年近い海外生活とプレーヤーとの接触の中で体感した、「言葉(母国語)と音色の関係性」を易しく説明。New!

BRASSTribe Vol.28(肝゙ラストライブ)前号に続いてNHK交響楽団首席奏者・関山幸弘氏が登場。今回は特別版。関山氏が千葉県立松戸六実高校吹奏楽部を指導された現場に同席し、生徒の皆さんにBSCを試奏していただきました。詳しくは記事をご確認ください。

Jazz Life 2013年7月号(泣Wャズライフ):コンボ・ビッグバンドで活躍する奥村 晶氏によるフルモデルチェンジした“ニューヨーク”の試奏レポート。「とにかく反応の良い楽器。吹き手の要求に即座に応えてくれ、アマチュアからプロまで使える。価格もリーズナブルでコスト・パフォーマンスの高い楽器」と高く評価していただいております。

ブラストライブ ジャズライフ パイパーズ
*↓画像をクリックすると記事(pdfファイル)を見ることが出来ます。
Jazz Life 2013年4月号(泣Wャズライフ):ラテン、ビッグバンド、スタジオで活躍する佐々木史郎氏によるニューモデル“リュクサンブール”試奏レポート。「高音がとてもよく当たり、すべての音域において均一の音色で演奏できる。吹きやすくて表現の幅が広いのでジャンルにとらわれず使用できる」と高く評価していただいております。New!
BRASSTribe Vol.27(肝゙ラストライブ)フルモデルチェンジしたニューヨークをNHK交響楽団首席奏者・関山幸弘氏が試奏。「深い表現力はそのままに、そして更に吹きやすくなった」と大絶賛。詳しくは記事をご確認ください。New!
BRASSTribe Vol.26(肝゙ラストライブ)注目のプロトタイプ“リュクサンブール”の試奏レポート。試奏して頂いたのは前号の取材時にこの“リュクサンブール”を絶賛して頂いた武田宗大氏と同僚の松永卓朗氏のお二方。
BRASSTribe Vol.25(肝゙ラストライブ)東京ブラスアートオーケストラ(TBAO)のリードトランペット奏者としても活躍している武田宗大氏によるBSC試奏レポート。
BRASSTribe Vol.24(肝゙ラストライブ)自称「チャランペッター」こと鈴木敦史氏によるBSC試奏レポート。
BRASSTribe Vol.23(肝゙ラストライブ)九州交響楽団で活躍する小野本明弘さんのご登場。ご愛用のC管アルマンドやプロならではの猛練習について語ってくれました。
BRASSTribe Vol.22(肝゙ラストライブ)Japan Ladies' Brass 首席奏者、東京ブラスソサイエティ メンバーとしての演奏活動のほか東京学芸大学等で後進の指導にも精力的に活動をされている女性トランぺッター、班目(まだらめ)加奈さんへのインタビュー。愛用のシンフォニー、アルマンドについて女性ならではの視線で語ってくれました。
BRASSTribe Vol.21(且O栄書房)NHK交響楽団首席奏者・関山幸弘氏の登場。BSC使用開始から約2年半が経過し完全に自分の体の一部となったC管アルマンドの現在の状況を説明。簡易オーケストラスタディ付き。
BRASSTribe Vol.20(且O栄書房)2009ベルギー国際コンクールでシンフォニーを携え若干17歳ながら見事に優勝したマックス・アッセルボーン君とその師匠ギー・コンター教授へのインタビュー。
BRASSTribe Vol.19(且O栄書房)前号に続いて女性トランペッターさつきかほりさんのご登場。愛用の“ニューオリンズ”を携えてBSCの故郷を訪問!今回はカラーページありの豪華版。
BRASSTribe Vol.18(且O栄書房)元キャビンアテンダントと異色の経歴を持つトランペッターさつきかほりさんが登場。BSCトランペット製作者のKATO氏も加わり、さつきさんが使用する「ニューオリンズ」が話題となっています。 
Jazz Life 2010年10月号BSCトランペット製作者のKATO氏のインタビューが掲載されています。もちろんJazzをベースにしたJazz Life誌ならではインタビューです。
BRASSTribe Vol.17(潟uラストライブ)今回はKATO氏へのインタビューで4ページの拡大版!先に発売された新作“ニューオリンズ”の開発コンセプトや氏の生い立ち、楽器作りの哲学が語られています。
BRASSTribe Vol.16(潟uラストライブ)「BSCのルーツを探る」と題してKATO氏のご両親を訪ねて実家を訪問。記念すべき第1号機や試作品の画像も登場。
BRASSTribe Vol.15(潟uラストライブ)トランペットの音といえば誰もが思い浮かべる(アラフォー以上?)「いい日旅立ち」「必殺仕事人シリーズ」。今回はその奏者としても有名な名トランペッター数原 晋さんがご登場。 
BRASSTribe Vol.14(且O栄書房)NHK総合放送「Sound+1」(平原綾香さん出演)でも取り上げられた静岡県の実力派中学校「長田西中学校」編。生徒の皆さんがTR-106S“ニューヨーク”を気に入って使われている様子が掲載されています。 
BRASSTribe Vol.13(且O栄書房)ドリームズカムトゥルーの中村正人氏の母校として知られ、また多くの実力派プロ奏者を多数輩出し創立50周年を迎えた名門、千葉県立国府台高校吹奏楽部でのBSCレポート。
BRASSTribe Vol.12(且O栄書房)「パート全体で“ミレニアム”を鳴らしてみる」と銘打って実力は市民バンド“アンサンブル市川”の皆さんにご協力お願いしました。また編集長による「C管“アルマンド”体験記」も素人奏者の素直な感想(編集長、ゴメンナサイ)興味深い内容となっています。
BRASSTribe Vol.11(且O栄書房)東京の渋谷にあるトランペット専門店「トランペットステーション」の亀谷(洗足学園音大出身)さんによるBSC紹介。自らもトランペット吹きでお店から見た(感じた)BSCの魅力をお話いただいてます。また2月14日に行われた東北学生音楽祭でのBSCの様子(山口れおさんの演奏姿や試奏の盛況ぶりなど)も掲載されています。東北学生音楽祭の記事はこちら
Jazz Horn / BIG BAND 特集号(且O栄書房)TR-206S“オールラウンド”。佐々木史郎氏、小林太氏によるレポートです。
BRASSTribe Vol.10(且O栄書房)TR-C01S“アルマンド”。クラシックを中心に活躍されていますが、映画「スウィングガールズ」の演奏指導者としても有名なトランペット奏者、山口れおさんによる試奏レポートです。ユーザーレポート“Brass Sound Cats”は某有名オーケストラの縁の下の力持ち、事務局員の大内さんです(TR-C01S“アルマンド”,TR-106S)。
Pipers 2008年12月号(叶剏エ書店)東京佼成ウインドオーケストラを始め多方面で活躍されている奥山泰三さんによる、話題のC管“アルマンド(TR-01S)”の試奏レポートです。生みの親KATO氏の“アルマンド”に寄せる思い、開発の経緯も掲載されます。
BRASSTribe Vol.09トランペットだけでなく様々な楽器をこなすマルチ奏者、YOKANさんによる「利き酒」ならぬ「利きラッパ会」?外見が良く似ているBSC各モデルのお味はいかに?ユーザーレポート“Brass Sound Cats”は北海道でTR-501Gを愛用されている渡辺広貴さんです。
Jazz Horn 2008-2009TR-501G。自己のグループのほか角田健一ビッグバンド、守屋純子オーケストラなどで活躍中の高瀬龍一さんによる試奏レポートです。
BRASSTribe Vol.08(且O栄書房):TR-206S。プロ編とユーザーレポート“Brass Sound Cats”を合体させた特別編。名門金管バンド「ブリーズ・ブラスバンド」を経て現在はフリーランスで大阪フィル、京都市交響楽団などで活躍しTR-206Sのユーザーでもある吉崎直之さんと吉崎さんの先輩で生徒?の魚谷昌克さんです。
BRASSTribe Vol.07(且O栄書房):ヨシケンさんこと吉田憲司さんの試奏レポートが掲載されています。好評の愛用者レポート“Brass Sound Cats”、今回は同じ都立高校の吹奏楽部に所属する古田大和さん、小倉志央里さん(ともにTR-105S)です。
BRASSTribe Vol.06(且O栄書房)C管の試奏レポート。レポーターは前号に引き続き三澤 慶さんです。また友人のトランペット奏者、小貫 誉さんにも登場していただきました。(文中では試奏品を“正規版”としておりますが、取材後に更に改良を加えたものを製品として発売しております。)
BRASSTribe Vol.05(且O栄書房):「侍ブラス」をはじめ奏者・作曲家として活躍中の三澤 慶さんの試奏レポートが掲載されます。好評の愛用者レポート“Brass Sound Cats”、今回は千葉県習志野市を中心に活動されているビッグバンド「MDS」の土屋(TR-105S)さん、橋本(TR-106S)さんのお二人です。
BRASSTribe Vol.04(且O栄書房):TR-106S。角田健一ビッグバンド他で活躍されている田中哲也さんによる試奏レポートです。
Band Journal 2007年7月号(渇ケ楽之友社):TR-106S“ニューヨーク” 富山 渡氏による試奏レポートです。
BRASSTribe Vol.03(且O栄書房):熱帯JAZZ楽団などで活躍されている松島啓之さんによる試奏レポートです。好評のユーザーレポート“Brass Sound Cats”は慶応大学のオーケストラ「ワグネル・ソサイエティ・オーケストラ」に所属する草野さん(TR-303S)です。
Pipers 2007年6月号(叶剏エ書店):BSCトランペットの生みの親、加藤氏のインタビュー。楽器製作に対する哲学や工房の写真など興味深い内容です。また非常に多くの方からお問合せを受けているC管についても触れられています。
Jazz Life 2007年5月号(且O栄書房):TR-106S“ニューヨーク” 角田健一ビッグバンド他で活躍されている田中哲也さんによる試奏レポートです。
Band Journal 2007年3月号(渇ケ楽之友社):TR-205S“オールラウンド”(現在は206Sへモデルチェンジし、より吹きやすくなりました) 関 繁人さんによる試奏レポートです。
BRASSTribe Vol.02(且O栄書房):日本を代表する金管バンド“VIVID BRASS TOKYO”の首席奏者などで活躍されている小島圭滋さんによるTR-205S“オールラウンド”(現在は206Sへモデルチェンジしより吹きやすくなりました)の試奏レポート他。好評のユーザーレポート“Brass Sound Cats”は関西でジャズトランペッター、英語教師として活躍する東川幸嗣さん(TR-501G)です。
Jazz Life 2006年12月号(且O栄書房):TR-205S“オールラウンド”(現在は206Sへモデルチェンジしより吹きやすくなりました)。熱帯JAZZ楽団などで活躍されている松島啓之さんによる試奏レポートです。
BRASSTribe Vol.01(且O栄書房):BSCの紹介。ユーザーレポート“Brass Sound Cats”は昼間は某大手企業の管理職、会社を出ればビッグバンドのリードトランペッター高橋守之さん(TR-105S)です。 
Band Journal 2006年9月号(渇ケ楽之友社):TR-303S“シンフォニー”,105S“ミレニアム” 富山 渡さんによる試奏レポートです。
Jazz Life 2006年5月号(且O栄書房):TR-501G,303S“シンフォニー”,105S“ミレニアム” マーカスプリンタップ、吉田憲司さんによる製品紹介
管パラ 2006年夏号(渇ケ楽之友社):“謎のBSCを追え!” 
注)記事中の仕様・価格等が現在のものと異なる場合があります。最新情報は各モデルの紹介欄でご確認下さい。
 


ページトップに戻る


BSCホーム アーティスト 取扱い店 ギャラリー スプリング・オイル
HOME